ネットの誹謗中傷に対して反応してはいけない

人の気持ちがわからないから行う

ネットの誹謗中傷は今や社会現象になっています。携帯を持ち始めた小中学生や、子育てをしているお母さんも誰もが誹謗中傷されてしまうターゲットになりかねません。誰でも人から怒られたり悪口を言われたりするのは嫌ですよね。しかし、ネットの誹謗中傷を行っている人たちはそういった気持ちを理解できない人たちが行う言動です。いくら暇つぶしだからと言って人を傷つけるような行動をとって良いわけがありません。それでしか暇を潰せないかわいそうな人たちなのです。

犯人探しはしない方が良い

ネットの誹謗中傷でいつの間にか自分がターゲットになっていた場合、自分の情報が事細かに書かれている場合は周りにいる誰かによる仕業の可能性が高いです。面識がなく全く知らない人からネットの誹謗中傷を受けるケースもあります。どちらにせよ共通して言える事は犯人探しはしない方が良いと言うことです。あなたが傷ついて犯人探しをしていることに本人が気づくと、よりいっそうエスカレートしてしまう可能性があります。そっとしておくことが1番良い対応です。

自分のことが書かれてある記事を探さない

ネットの誹謗中傷はまるで落書きのように適当に書いているものだとしても、見つけた本人はとても傷つきますよね。ネットの誹謗中傷されていたとしてもわざわざ検索する必要はないと思います。自ら誹謗中傷が書かれてある記事を見つけたとして何もメリットはありません。なので、自分がネットの誹謗中傷されている場合は自分の記事を見つけるのではなく、探さないようにすることが大切です。嫌なことから目をそらすこともときには大切なことですよ。

サジェスト対策とは、検索したキーワードに表示されるサジェストを変更することを目的に行われるSEO対策の関連作業です。