ネット上での誹謗中傷で傷つかないための対策をすることが大切

まずは自分の情報を他人にさらさないこと

インターネットやSNSが普及したことにより多くの方が気軽に個人情報を載せることができる時代になりました。昔の同級生とつながることができたり、良いことがある半面で載せた上を使って誹謗中傷をする人もいます。SNSやインターネットにおいては年齢に関係なく誰でも気軽にアクセスすることができるため、見られたくない情報に関しては鍵をかけたり、SNSには載せないことが大切です。特定の人だけにしか見えないように鍵をかけることも誹謗中傷対策になります。

お子さんの写真は特に注意しなければならない

SNSが普及したことにより、我が子のかわいい写真をSNSに載せたりする方も多いことでしょう。自分の子供だけを何気なく写した写真で、簡単に個人情報が特定されてしまうケースもあります。お子さんが来ている体操服や、身に付けているもの、周りの景色などにあらゆる情報が隠されているので、気をつけなければなりません。また個人が特定されてしまった場合、お子さんの顔写真までわかっている場合は連れ去られてしまった李犯罪に巻き込まれる可能性もあります。この場合もお子さんの情報載せていた親が悪いとご住所されてしまう可能性があるので気をつけなければなりません。

わざわざ誹謗中傷されている記事を見ないこと

誰でも自分の悪口は言われたくないものです。しかしいつターゲットにされてしまうかは誰にもわからないですし、誰がターゲットになってしまうかもわかりません。誹謗中傷をされたとしてもそれに気づいて反応してはいけません。誹謗中傷している人はターゲットの反応を見て楽しんでいるのです。善悪もわからない暇つぶしの相手をしたら、余計に誹謗中傷されてしまうので相手にしないことが良いですね。自分でしも傷つかないための守る術です。

ネットにおける誹謗中傷対策は、情報拡散を防ぐためにプロバイダや情報開示元にしっかりとした対応を求める事が大切です。